育児を支える制度があります

育児をしながら働き続けるための制度があります。

育児休業

子が1歳に達するまでの間、育児休業を取得することができます。有期労働契約で働いていても、取得できる場合もあります。

育児のための措置

3歳に満たない子を養育する労働者は、短時間勤務制度等の措置を受けることができます。

時間外労働等の制限

小学校入学前の子どもを養育している場合は、1ヶ月24時間、1年150時間を越える時間外労働の制限、深夜労働(午後10時から午前5時まで)の制限を請求することができます。

子の看護休暇

小学校の入学前の子を養育する労働者は、有給休暇とは別に子の看護休暇を取得することができます。

育児を支える制度があります

この記事が気に入ったらいいね!しよう

にいがた青年ユニオンの最新ニュース情報をお届けします。

Twitterでも最新ニュース情報をお届けしています。

最新情報をチェックしよう!